マーケティング

ビジネスの知識-ビジネスマナー、用語、資格の活用

マーケティングとは、商品・サービスの向上、売り上げアップにむすびつくような仕組みを、生産、流通、広告、販売の各段階でつくりあげるすべての活動を差します。マーケティングでは、通常は...

ビジネス口コミ

スポンサードリンク

ブログパーツ

  • seo

マーケティング

マーケティング

マーケティングとは、商品・サービスの向上、売り上げアップにむすびつくような仕組みを、生産、流通、広告、販売の各段階でつくりあげるすべての活動を差します。マーケティングでは、通常は利潤を上げることが想定されていますので、商品・サービスの売り上げから利潤を上げる方向での様々な分析・提案がなされることになります。

マーケティングでは、商品やサービスが顧客にどのように受け入れられているかをチェックして、顧客満足どの実現のために役立てます。また主体的には、顧客に受け入れられる品質・サービスの開発のあり方を研究するとともに、競争相手の動向をチェックして勝つための行動プランを作ります。そして、顧客との対話がスムーズに進められるようにメディアの選択を行います。

マーケティングを行い、企業の経営に役立つ企画の立案、クライアントの問題解決を行う仕事を行う人をマーケッターといいます。マーケッターは、最新のビジネス情報・現場のノウハウを駆使して、クライアントの依頼によって経営に関する様々な問題を解決します。マーケティングを行うマーケッターは、企業の業績を最も左右する要素である「売上げ」を上げるように活動をすることが、経営の最重要事項と考えます。つまり、マーケッターは実践で使える戦略的なマーケティングを提案していくのです。

キャッシュフローが危ない場合は、在庫を減らすなどの対策を打てば、回避できます。利益が出なければ、経費を削減すれば同様に回避できます。社員が忙しければ、人員を増やしたり休みを与えれば解決します。しかし、売上げが伸びなければ、それらの対策は延命策にしかならないのです。そこでマーケティングを行うマーケッターの出番となります。

ビジネスで最も大切な事は、消費者のニーズや欲求をみきわめ、製品の有用性や重要な製品特性について知ってもらい、購入するよう説得する戦略をたて、最終的に、顧客に満足をあたえ、顧客を獲得し、継続することです。これが売上げに結びつき、企業に利益をもたらすのです。そのマーケティングを最新のビジネス情報や現場の情報を分析して、企画・提案することが、マーケッターの仕事であり、マーケティングの面白いところなのです。

マーケッターは、顧客満足を創造するため、商品やサービスを顧客の要求に合わせて研究し、顧客が自社の商品・サービスを購入するように、他者の活動を調査してより優れたものを提案します。自社の商品・サービスが顧客の期待にこたえているかを確認し、改善をはかります。マーケッターは、状況に応じて顧客と従業員と経営者の関係を分析し、これをより良いものにする措置や、現場のやる気を出させる為の措置、リーダーシップとなる人材の育成の方法などを提案していきます。


お気に入り登録

人気のビジネス用品

2014年版 石原5年ダイアリー

メモ感覚で書き込めるダイアリー!IDパスワード控え、冠婚葬祭記録、キーワード欄、出納帳、印紙税一覧表、日本地図、年齢早見表といった定番の機能も網羅

高級牛革のビジネスバッグ

革の質感が良く、つくりもしっかり!ダイヤルロックが付いているので安心ですく

Copyright 2009-2015ビジネスの知識-ビジネスマナー、用語、資格の活用 All Rights Reserved.