知的財産

ビジネスの知識-ビジネスマナー、用語、資格の活用

知的財産とは、発明、考案、意匠、著作物など人間の思索や創造的活動から生み出される財産的価値のあるもののことです。そして、その表現や技術などの功績と権益を保証するための法律を「知的...

ビジネス口コミ

スポンサードリンク

ブログパーツ

  • seo

経営

知的財産

知的財産とは、発明、考案、意匠、著作物など人間の思索や創造的活動から生み出される財産的価値のあるもののことです。そして、その表現や技術などの功績と権益を保証するための法律を「知的財産権」といいます。ひとくちに知的財産といってもその対象となる範囲は非常に広く、知的財産権として法律などによって明確に保護されていないものも含んでいます。

知的財産はその性質から、
○営業上の標識(イメージなどを含む商標・商号等の識別情報)
○知的創作物(産業上の創作・文化的な創作・生物資源における創作)
○上記以外の営業上・技術やノウハウなど、有用な情報に分けることができます。
つまり知的財産権とは、新しいものを創り出そうとする人のやる気を失わせないようにするため、新しい技術や小説、音楽、商品の名前や産地などの情報について、知的財産として決められた期間保護し、人の模倣を禁止している法律です。

具体的には――私たちの生活便利にするようなアイデアや新しい技術、心を豊かにしてくれる絵画や小説、音楽、芸術品などは、それ自体で価値のある情報であるということで、知的財産と見なせます。また、製品の名称や産地なども、長い間使っていると信用という付加価値がうまれてくるので、知的財産に含まれます。知的財産は隠しておくことが難しいので、他人に模倣されやすい性質があります。
しかし、自分のアイディアなどを模倣されていい気持ちがする人はいませんし、新しいものを創り出そうとす る人のやる気も喪失してしまいます。そこで知的財産は、法律で模倣されることから守られているのです。知的財産権が侵害された場合には、裁判、調停、仲裁などの手続きをとることになります。 裁判でも、判決までに和解などにより柔軟な解決を図るケースが多く見られます。

主な知的財産権には、
・特許権~発明を保護することで発明を推奨し、その結果産業を発達させることを目的としています。  第三者は、ライセンス料などを払うことで発明を利用することができます。

・実用新案権~保護期間が特許権よりも短く、特許権の保護対象となる発明ほど高度なものではない考案。。

・意匠権物~視覚を通じて認識することができるものが対象となります。商品のデザインなど。

・商標権~個別の商品やサービスを他者のそれと区別するために付けられる図形、記号、名前、マークなどを保護する。

・著作権~思想や感情を創作的に表現したもの(音楽、本、絵画など)を保護する。

などがあります。また、広義では肖像権、営業秘密、インターネットのドメイン名なども含まれます。
ノウハウやデータベースなど、知的なアウトプットがますます多大な価値を持つ経済社会に移行して
いる現代では、知的財産の保護・活用は、企業や国家の富に大きな影響を与え、企業間の競争を勝ち抜くための重要な要素となりつつあると言えるでしょう。


お気に入り登録

人気のビジネス用品

2014年版 石原5年ダイアリー

メモ感覚で書き込めるダイアリー!IDパスワード控え、冠婚葬祭記録、キーワード欄、出納帳、印紙税一覧表、日本地図、年齢早見表といった定番の機能も網羅

高級牛革のビジネスバッグ

革の質感が良く、つくりもしっかり!ダイヤルロックが付いているので安心ですく

Copyright 2009-2015ビジネスの知識-ビジネスマナー、用語、資格の活用 All Rights Reserved.