M&A

ビジネスの知識-ビジネスマナー、用語、資格の活用

M&Aとは、「Mergers and Acquisitions」の略で企業合併・買収という意味です。簡単に言えばある会社が他の会社を所有し、支配するための行為です。M&Aとは、優...

ビジネス口コミ

スポンサードリンク

ブログパーツ

  • seo

経営

M&A

M&Aとは、「Mergers and Acquisitions」の略で企業合併・買収という意味です。簡単に言えばある会社が他の会社を所有し、支配するための行為です。M&Aとは、優秀な人材の獲得や事業の拡大、経営のスピードアップなど、経営革新を目的に行う、企業の合併、買収、提携などをいいます。一般に「M&A」という場合、企業全体の合併・買収(売却)だけでなく、資本提携、分割ある部門だけの譲渡なども含めた、広い意味での「企業提携」の総称です。

M&Aの目的は、自社に不足している人材、製品、資本、技術などを補い、事業の拡大や再構築を行うために経営権や事業を譲りうけることで、事業の拡大や新規事業の参入にかかる時間を短縮できることにあります。M&Aは年々増加傾向にあります。その主な目的は、国内・国外における国際競争力の強化や国外進出を容易にするためなど、国際的なマーケット拡大に伴う生存競争と事業拡大のためが多く、買収の規模も拡大傾向にあります。

M&Aには買い手企業と売り手企業が存在します。買い手企業は積極的な事業拡大を目指す企業であり、潤沢な資金を持つ企業です。買い手が欲しがる企業は、現実に収益をあげていて、事業に将来性がある企業です。M&Aの手法は、最近の商法改正などによって、さまざまなものが用意されています。買収側としては、株式の取得、株式交換による100%子会社化、株式移転による100%子会社化第三者割当増資の引受、営業譲受、合併、現物出資、新株予約権の取得などがあります。一方、売却側としてのM&Aの手法は、株式の譲渡、営業譲渡、現物出資、会社分割、事後設立などがあります。 また、契約によって、共同開発を行ったり、OEM(委託を受けた相手先のブランドで完成品・部品を供給 すること)を行ったり、販売部門で提携する手法なども。どの手法でM&Aを行うかは、企業により異なり、あらゆる方面から検討する必要があるでしょう。

M&Aのメリットには、時間をかけず短期間で事業の拡大を図れることや、リスクを減らしながら事業の多角化が図れること、コストの削減が図れるなどがあげられます。 一方、M&Aのデメリットは、買収される企業の価値を計るのが難しいことや、異なる企業文化を融合させることが難しいことなどがあげられます。M&Aの成否の鍵は、なぜM&Aを選択する必要があるのかを明確にし、ターゲットとする企業との交渉段階から、どのようにすればM&A実施後の企業間統合がスムーズに運ぶかを真剣に検討することでしょう。M&Aはもはや、成長拡大を目指す企業の経営の手法として一般化されつつあるということができます。


お気に入り登録

人気のビジネス用品

2014年版 石原5年ダイアリー

メモ感覚で書き込めるダイアリー!IDパスワード控え、冠婚葬祭記録、キーワード欄、出納帳、印紙税一覧表、日本地図、年齢早見表といった定番の機能も網羅

高級牛革のビジネスバッグ

革の質感が良く、つくりもしっかり!ダイヤルロックが付いているので安心ですく

Copyright 2009-2015ビジネスの知識-ビジネスマナー、用語、資格の活用 All Rights Reserved.