キャッシュフロー

ビジネスの知識-ビジネスマナー、用語、資格の活用

キャッシュフローとは、現金利益のこと(当期利益+減価償却費)もしくは資金の流れを指し「現金収支」とも言われます。企業の一定期間の「現金(キャッシュ)の流れ(フロー)」のことを指し...

ビジネス口コミ

スポンサードリンク

ブログパーツ

  • seo

経営

キャッシュフロー

キャッシュフローとは、現金利益のこと(当期利益+減価償却費)もしくは資金の流れを指し「現金収支」とも言われます。企業の一定期間の「現金(キャッシュ)の流れ(フロー)」のことを指し、企業活動で、現金がどれだけ増減したかを知ることができるのでその企業の実力を示す指標の一つとも言えます。

キャッシュフローの数字は、会社四季報などにも掲載されていますし、決算書にもキャッシュフロー計算書というものが必ずついています。キャッシュフロー計算書を見ることができれば、会社の状態が見えてきます。キャッシュフローは、大きく分けて3つに分類されています。
(1)営業キャッシュフロー~商品やサービスの販売といった営業活動(本業)から稼ぎ出した 現金。値がマイナスであれば問題あり。
(2)投資キャッシュフロー~固定資産の取得・売却、有価証券の取得・売却など。工場や店舗 を建てるなど、将来の利益を生み出すための投資を行うため通常はマイナス。
(3)財務キャッシュフロー~借入金や社債の発行などでお金を得るとプラス。逆に借金の返済 などを行った場合はマイナスになる。
以上の3種類の合計が現金および現金と同等物の増減額となり、これらの組み合わせにより企業 の状態を見ることができます。

キャッシュフローとは、利益が「収益-費用」で算出されるのに対し、現金収支は「収入-支出」 で算出されます。例えば、150万円で仕入れた商品を200万円で売った場合、利益は50万円ということになります。しかし、仕入代金の150万円は支払ったが、まだ200万円を受け取っていないとき、この間の手持ちの現金は150万円減っていることに。つまり、会計上は50万円の利益ですが、キャッシュフローはマイナス150万円ということになります。

キャッシュフローは、このように損益計算書などでは見えてこない現金の流れを把握することが できるため、会社の実力を示す数字の一つと言えます。最近、企業の実体をみるための指標としてこのキャッシュフローが重要視されつつあるようです。事業とはあくまで売り上げを伸ばし、諸経費を支払って最後にどれだけ手元に現金が残るかというのが基本であり、そのため「企業の真の価値は、キャッシュフローでこそ把握できる」と言ってもいいでしょう。


お気に入り登録

人気のビジネス用品

2014年版 石原5年ダイアリー

メモ感覚で書き込めるダイアリー!IDパスワード控え、冠婚葬祭記録、キーワード欄、出納帳、印紙税一覧表、日本地図、年齢早見表といった定番の機能も網羅

高級牛革のビジネスバッグ

革の質感が良く、つくりもしっかり!ダイヤルロックが付いているので安心ですく

Copyright 2009-2015ビジネスの知識-ビジネスマナー、用語、資格の活用 All Rights Reserved.