手紙とはがきどちらにする?手紙のビジネスマナー

ビジネスの知識-ビジネスマナー、用語、資格の活用

パソコンが普及した今だからこそ、手紙を書くためのビジネスマナーが重要になってきています。

ビジネス口コミ

スポンサードリンク

ブログパーツ

  • seo

ビジネスマナー・手紙

手紙とはがきどちらにする?手紙のビジネスマナー

パソコンの普及により、ビジネスにおいても、Eメールによるやり取りもかなり増えてきました。しかし、ビジネスマナーにおいて、手紙や封筒の宛名の書き方の重要性が薄れたわけではありません。むしろ、ビジネスマンにとって、手紙は大事なビジネスツールであるといえるでしょう。


手紙とはがき、どちらにするかで迷うこともあるかもしれません。手紙でもはがきでも、宛名の書き方のビジネスマナーは変わらないのですが、はがきは当人だけでなく誰でも見ることができます。相手に伝える内容によって、手紙とはがきを使い分けていきましょう。特に謝罪の内容の場合は、手紙の方にするべきではないでしょうか。


パソコンがないと仕事が進まない現代では、パソコンで作成した手紙を目にするケースの方が多いかもしれません。宛名についても、パソコンで自由に作成できますのでとても便利です。ビジネスマナーにおいても、パソコンによる手紙やはがきの作成は問題はないとされていますが、より丁寧に、より気持ちを伝えたいという場合には、手書きの方がよいでしょう。


ビジネスマナー上は問題なくても、手紙や宛名に関しては、手書きにこだわるビジネスマンも少なからずいるようです。その際、書き間違えたからといって、修正液を使うのはマナー上よくありませんので書きなおしましょう。その程度の手間を惜しんで、あなたと会社の印象に傷をつけてしまったら割が合いませんので、しっかり考えて行動を起こすようにしましょう。


お気に入り登録

人気のビジネス用品

2014年版 石原5年ダイアリー

メモ感覚で書き込めるダイアリー!IDパスワード控え、冠婚葬祭記録、キーワード欄、出納帳、印紙税一覧表、日本地図、年齢早見表といった定番の機能も網羅

高級牛革のビジネスバッグ

革の質感が良く、つくりもしっかり!ダイヤルロックが付いているので安心ですく

Copyright 2009-2015ビジネスの知識-ビジネスマナー、用語、資格の活用 All Rights Reserved.