手紙のビジネスマナーは宛名も頭語も結語も大事

ビジネスの知識-ビジネスマナー、用語、資格の活用

ビジネスマナーとして大切な手紙の頭語、結語について説明しています。

ビジネス口コミ

スポンサードリンク

ブログパーツ

  • seo

ビジネスマナー・手紙

手紙のビジネスマナーは宛名も頭語も結語も大事

ビジネスマナーとしての手紙の書き方は、宛名の書き方も重要ですが、手紙自体の頭語も結語の使い方も、ビジネスマナーとしてだけではなく、日常生活におけるマナーとしても通用します。ビジネスマンとしてのスキルアップにもつながりますが、良識ある大人としてのスキルアップにも貢献するのです。


さて、頭語、結語とは何だろう、と思う人もいるかもしれません。まず頭語とは、手紙の最初に置く言葉です。そして結語とは、手紙の最後に置く言葉で、常に頭語とセットで使う言葉です。複数ある頭語と結語のセットを使い分けるということは、ビジネスマナー、日常生活のマナーとしての手紙の書き方のひとつでもあります。


手紙などでよく使われる頭語、結語のセットといえば、「拝啓」と「敬具」ではないでしょうか。ビジネスマナーでも日頃の手紙のマナーとしても、非常に使用度合いの高い言葉です。他には、「前略」「追伸」のセットもありますが、丁寧な手紙の際は、使わない方がよさそうです。宛名を書く際にも、宛名も手紙の一部分のつもりで丁寧に書いていきましょう。


手紙の挨拶文を略したり取り急ぎの連絡の際は、「前略」、「草々」「追伸」を使うことが多いようです。目上の相手や謝罪や礼状といった手紙の場合は、「謹啓」「敬白」が良いでしょう。「拝答」「敬復」「敬具」「拝見」といった言葉も、改まった内容の手紙に向いています。宛名の書き方と違い、頭語、結語には他にもありますので、上手く活用していきましょう。


お気に入り登録

人気のビジネス用品

2014年版 石原5年ダイアリー

メモ感覚で書き込めるダイアリー!IDパスワード控え、冠婚葬祭記録、キーワード欄、出納帳、印紙税一覧表、日本地図、年齢早見表といった定番の機能も網羅

高級牛革のビジネスバッグ

革の質感が良く、つくりもしっかり!ダイヤルロックが付いているので安心ですく

Copyright 2009-2015ビジネスの知識-ビジネスマナー、用語、資格の活用 All Rights Reserved.